子供の身長を伸ばしたいなら試してみて!子どもの身長を伸ばす方法5つ

子供の身長を伸ばしたいなら試してみて!子どもの身長を伸ばす方法5つ

親にとって子供の日々の成長はとても嬉しいものです。
しかし、目に見えてわかる身長や体重の変化は時に不安要素になってしまう場合もありますよね。

そこで今回は子供の身長を伸ばす5つの方法について紹介していきたいと思います。
子供の身長の伸びが遅くて心配だという方はぜひチャレンジしてみてください。

 

男女別の子どもの平均身長

男の子の平均身長

男の子の平均身長

 

女の子の平均身長

女の子の平均身長

 

子どもの身長を伸ばす方法5つ

子どもの身長を伸ばす方法1/5毎日の食事で身長を伸ばす効果のある栄養素を摂る

子どもの身長を伸ばす方法① 毎日の食事で身長を伸ばす効果のある栄養素を摂る

身長を伸ばすためにはバランスの良い食事を心がけるのが1番のポイントです。
さらに身長を伸ばすために効果のある食材を取り入れることでより身長が伸びやすい環境を整えることができるので、以下のような栄養素を毎日の食事に取り入れることをおすすめします。

特に子供が食べるものは親が用意したものがメインになるので、親御さんが毎日の食事メニューに気を付けることで子供の身長を伸ばすサポートをしてあげることができるでしょう。

たんぱく質

たんぱく質は筋肉のための栄養素と思われがちですが、骨を作る材料になっている栄養素でもあるのです。
また、成長ホルモンの分泌を促進させるという作用もあるので、身長を伸ばしたい子供には最適な栄養素になるでしょう。

たんぱく質は肉類や魚介類、乳製品、大豆など比較的多くの食材に含まれています。
肉類はカロリーが高くなりがちなので、鶏むね肉などできるだけ低カロリーの部位を選ぶことでより健康的に身長の伸びを期待できるでしょう。

カルシウム

カルシウムは健康的な歯や骨を作るためになくてはならない栄養素です。
仮に身長を伸ばすためにいくら質の良い睡眠を心がけていても、骨を強くするカルシウムが足りなければ身長は伸びようがありません。

乳製品や大豆製品を摂取することでカルシウムを補っていきましょう。

マグネシウム

マグネシウムは骨や歯を形成するために必要不可欠な栄養素です。
カルシウムと密接に関係していて、骨の健康をキープするという役割があります。

魚類やほうれん草などに含まれているのでムニエルにして食べるのもおすすめです。

亜鉛

亜鉛には成長ホルモンの働きを活発にさせるという特徴があるため、身長を伸ばすためにも必要な栄養素です。
牡蠣や豚もも肉、納豆、大豆、アーモンド、緑茶などに含まれているので積極的に取り入れていきましょう。

ちなみに、亜鉛の1日の摂取量の目安は15mgと言われていて、これは牡蠣2粒で十分に補える量になります。

 

子どもの身長を伸ばす方法2/5質の良い睡眠を十分にとる

子どもの身長を伸ばす方法② 質の良い睡眠を十分にとる

実は身長が伸びているのは「寝ている間だけ」と言われていて、身長を伸ばすためには毎日の睡眠がとっても重要なポイントになっているのです。
昔から言われている「寝る子は育つ」ということわざは本当だったんですね。

この寝ている間だけというのにもきちんとした理由があり、骨を伸ばす働きのある成長ホルモンが寝ている間に分泌されているからなのです。
そのため、少しでも長く寝るように意識して成長ホルモンを多く分泌させることこそが身長を伸ばすための方法になるのです。

特に日本人は子供も睡眠時間が短いと言われているので、親御さんがしっかりと時間を管理して十分な睡眠時間を確保してあげられると良いでしょう。
また、成長ホルモンが多く分泌されるのはノンレム睡眠のときだと言われています。
睡眠時間を長くするのはもちろんのこと、寝心地の良い寝具を用意したり、寝る前はリラックスできるような時間を作るなど熟睡できる環境作りをしてあげられると良いでしょう。

良い睡眠づくりは簡単にできる

今すぐできる方法としては寝る前は部屋の明かりを消し、寝る2時間前は食事を摂らないようにするということです。
明かりをつけたままで寝ると熟睡できずにストレスの元にもなってしまいますし、もちろん成長ホルモンの分泌も妨げてしまいます。

さらに食事を摂ることで消化にエネルギーが使われて熟睡できなくなってしまうので、あてはまる習慣がある場合には今日から改善することをおすすめします。

 

子どもの身長を伸ばす方法3/5適度に運動をする習慣をつける

子どもの身長を伸ばす方法③ 適度に運動をする習慣をつける

骨を伸ばして身長の伸びを期待する場合、運動を習慣づけることも重要なポイントになります。
運動は骨に刺激を与えてくれますし、運動することでお腹が減るのでしっかりと食事を摂るようになり、適度に疲れることで睡眠の質もアップします。
このように食事や睡眠など他の要素も自然に満たされるになるのです。

運動と聞くと激しく身体を動かした方が効果が高いと思われがちですが、身長を伸ばすためであれば激しいん動をする必要はありません。
大切なのはいかに「骨に刺激を与えられるか」ということなので、縄跳びでもOKなのです。

激しい運動をして3日坊主で終わってしまえば身長の伸びを期待することはできないので、子供が楽しめる適度な運動を毎日の習慣にした方が身長の伸びを期待することができるでしょう。

 

子どもの身長を伸ばす方法4/5ストレスを溜めないようにする

子どもの身長を伸ばす方法④ ストレスを溜めないようにする

ストレスが溜まると食欲が減ったり、イライラしやすくなるなど身体にもさまざまな影響が出てきます。
身長の伸びとストレスは一見関係ないように思われがちですが、ストレスは成長ホルモンにも悪影響を与えて分泌量を減らしてしまうと言われています。
成長ホルモンの分泌量が減ってしまえば当然、身長の伸びも悪くなってしまうでしょう。

子供にストレスを溜め込んではいけないというのは難しい話かもしれませんが、身長を伸ばすためには親御さんがしっかりと子供の変化を観察して適度にストレスを発散できるような環境を作ってあげるのも大切なことなのです。

ちなみに、適度な運動はストレスの発散にもなるので親子で運動を習慣づけてみるのも良いのではないでしょうか。

 

子どもの身長を伸ばす方法5/5身長を伸ばすサプリメントを飲む

子どもの身長を伸ばす方法⑤ 身長を伸ばすサプリメントを飲む

身長を伸ばすサプリメントと言っても薬ではないので、それを飲むだけで急激に身長が伸びるというものではありません。
しかし、食事で補いきれなかった栄養素をサプリメントで補給することで身長が伸びやすい環境を整えることは可能です。

特に現代はファーストフードや加工食品が溢れ、昔と比べると野菜の栄養価自体も落ちている傾向にあります。
そのため、吸収率の良いサプリメントで必要な栄養素を補給することはとても大切なことなのです。

サプリメントさえ飲んでいればどんな食事をしていても大丈夫というわけではありませんが、食事のサポートとして取り入れることでより身長が伸びやすくなるでしょう。

 

おわりに

子供の身長を伸ばすにはこのような5つの方法があります。
どれも生活習慣や食生活に関するものばかりなので、習慣として取り入れやすいものばかりだと思います。

子供の身長が気になるという方は、今回紹介した方法を今日から習慣づけることで身長が伸びやすい環境作りをしてあげてみてはいかがでしょうか?♡

こちらの記事も
よく読まれてます

MENU

ページ上部へ戻る