2017/12/02

運動で子供の身長を伸ばすことはできる?おすすめのスポーツ4選

運動で子供の身長を伸ばすことはできる?おすすめのスポーツ4選

子供の身長を伸ばすにはさまざまな方法があり、適度に骨を刺激してくれる運動もその1つです。
たとえば、バスケットボール選手やバレーボール選手は身長が高いですよね。

今回は子供の身長を伸ばすおすすめのスポーツ4選と、選手の平均身長が高いスポーツを紹介していきたいと思います。

運動は健康維持やダイエットのためにも良いと言われているので、親子で取り組んでお子さんの身長を伸ばす環境作りをしてみてはいかがでしょうか?

 

子供の身長を伸ばすおすすめのスポーツ4選

スポーツ① 骨を縦方向に刺激する運動

スポーツ① 骨を縦方向に刺激する運動

骨を縦方向に刺激すると聞くとジャンプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
例えば、バレーボールやバスケットボールもジャンプをする運動になります。

ジャンプは骨が縦方向から刺激されるため、成長ホルモンが分泌されやすい動作だと言われています。
実際にバスケットオールの代表選手は男子で191.6cm、女子は177.1cmと平均身長も高めで、もちろんバレーボールの日本代表選手も男子は190.5cm、女子は175cmと長身の方が多いのです。

ジャンプをすることで効果を期待するのであれば縄跳びでもOK。
ただし、縄跳びはバスケットボールやバレーボールに比べると単純な動きになるので、脳も身体もその運動に慣れてしまう傾向にあるようです。

例えばバスケットボールならダッシュやピボット、ターンなど自然と複雑な動きができるので、常に新鮮な刺激を与えることができると考えられています。
そのため、縄跳びをメインにするというよりはバスケットボールやバレーボールなどの運動をメインに取り入れ、縄跳びはちょっとしたサポートとして取り入れるとより効果を期待しやすくなるでしょう。

 

スポーツ② 有酸素運動

スポーツ② 有酸素運動

有酸素運動はウォーキングやジョギング、サイクリングなど長時間続けられる軽い負荷の運動のことを言います。
健康のためにも良いと言われているので、親御さんは常に実践しているという方も多いかもしれませんね。

この有酸素運動を行うと血液中に一酸化窒素という物質が増えます。
一酸化窒素には血液の流れを良くする働きや、成長ホルモンの分泌を促すという働きがあるのです。

血流の流れが良くなれば食事で摂取した栄養素が骨に行き届きやすくなりますし、成長ホルモンが多く分泌されれば身長が伸びやすくなると言われています。
有酸素運動はこのような2つの効果を同時に期待することができる運動法なので、身長を伸ばしたいという方には特におすすめの方法になります。

 

スポーツ③ 無酸素運動

スポーツ③ 無酸素運動

無酸素運動は有酸素運動とは違い、短距離走やウエイトトレーニングなど強めの負荷をかける運動のことを言います。

この無酸素運動を行うことによって身体の中に乳酸という物質が発生しやすくなります。
無酸素運動は酸素をエネルギー源として使うのではなく、この乳酸をエネルギーに変えているというわけなのです。

そして、この乳酸には成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあると言われているため、身長を伸ばすためにも効果的な運動になるのです。

 

スポーツ④ 筋トレ

スポーツ④ 筋トレ

一部では「筋トレをすると身長が伸びなくなる」などと言われていますが、筋トレも無酸素運動の1種なので筋トレをしたからと言って身長が伸びなくなることはありません。
むしろポイントを抑えて正しい方法で行っていれば成長ホルモンば分泌されやすくなるので身長の伸びも期待できます。

ただし、間違った方法で行っていると身長の伸びに悪影響を与えてしまうので、筋トレをする場合には以下のポイントに気を付けて行うようにしましょう。

身長を伸ばすための筋トレの3つのポイント

  • 全身をまんべんなく鍛える
    身長の伸びを期待するのであれば1部分を鍛えるような筋トレはマイナスになってしまいます。
    できるだけ負担の軽い筋トレで全身をバランスよく鍛えることがポイントになります。
  • 負荷をかけすぎない
    筋トレと聞くとダンベルやゴムチューブなどを使ったトレーニングを連想されるかもしれませんが、身長を伸ばすためにはこのような筋トレグッズを使ったトレーニングは不向きです。
    オーバートレーニングになると結果的に筋肉を損傷させて身長が伸びなくなる可能性が高くなるので、負荷をかけすぎないように自重トレーニングを行うようにしましょう。
  • 休息期間を作ること
    筋トレをした後は筋肉を回復させるために24時間~5日程度筋トレをお休みする必要があります。
    しっかりと回復時間をとった方が筋肉も付きやすくなり、身長の伸びも期待しやすくなるでしょう。
    また、筋トレ後にはしっかりとストレッチを行って筋肉をほぐすこともポイントになります。

 

《データからみる》選手の平均身長が高いスポーツ

こちらのデータを参考に、プロスポーツ選手の身長の平均を比較してみました。

先ほど紹介したジャンプの多いスポーツであるバスケットボールが圧倒的に身長が高いというのが分かります。

子供の身長を高くしたい方は、バスケットボールや同じようにジャンプすることが多いハンドボールなどもいいかもしれませんね。

 

2016年度版・プロスポーツ選手の身長データ【男子】

2016年度版・プロスポーツ選手の身長データ【男子】

 

2016年度版・プロスポーツ選手の身長データ【女子】

2016年度版・プロスポーツ選手の身長データ【女子】

 

おわりに

身長を伸ばすための運動は適度な負荷のものが最適で、適度な運動だからこそ毎日続けやすいという魅力があります。
また、運動をすることでお腹がすけばたっぷりと食事を摂ることができますし、身体が疲れれば質の良い睡眠にも繋がるでしょう。

このように運動をするだけで、身長を伸ばすために大切な食事や睡眠など、他の方法まで自然にクリアすることができます。
身長の伸びが気になるという方はぜひとも運動を習慣づけてみてください。

特に、成長期の子供は適度な運動でも毎日続けることで効果を期待しやすくなるので、親子で楽しみながら運動にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る